葬儀の前に遺品整理業者の手配|悲しみを乗り越えて次のステップ

葬式

代行してくれる

ダンボール

少しでも遺族の負担を減らすために。

亡くなった故人に対する悲しみをつのらせていく間も無く、すぐに問題となるのが、故人の残した遺品整理についてです。遺品整理サービス業が出現するまでは基本的にご遺族が個人で整理、処分をしていましたが、事の他遺品整理と言う作業は大変で、どこから手をつけていいかわからないまま放置していると言うケースが少なくなかったかと思います。そしてそんな『整理はしてあげたいし残された遺品も供養してあげたい』と言うご遺族の気持ちを代行、整理してくれる業者が、遺品整理サービス業なのです。遺品整理サービス会社では、遺品整理士と言う認定資格をもったスタッフが故人の住まわれていた住居に出向き、ご遺族の意向に添う形で遺品を整理、仕分けしていきます。このような業者を利用するにはまず電話で大方の見積もりを出してもらい、予約した日時に故人宅へ訪問してもらう事が必要です。

このサービスは誰もが必要としていたもの。

以前はそれほどメジャーではなかったこの遺品整理サービス業ですが、現在では専門業者のみならず、大手引っ越し業者までもが取り扱うようになりました。それだけニーズの多いこのサービスですが、その人気の理由としてはやはり、遺品整理に頭を悩ますご遺族の多さ、ご遺族の高齢化、核家族化による単身者の増加、等があげられると思います。そしてまた遺品供養やリサイクル、使用できない不用品の廃棄処分等を遺品整理サービス業者が一括して行ってくれますので、故人やご遺族の気持ちに寄り添う形で遺品整理が出来るものとして、このような業者を利用する人の需要が拡大している事も人気の一因となっているのではないでしょうか。残された遺品をどうすれば良いのか、そんな悩みに答えてくれるのが、このお仕事なのです。